メンバー

松本卓也(准教授)
ニコラ・タジャン(特定准教授)

佐藤泰子(研究員)
藤井あゆみ(非常勤講師、教務補佐員)

大学院生(博士課程)2名
大学院生(修士課程)4名

 

業績

書籍


松本卓也(著)『症例でわかる精神病理学』誠信書房、2018年


松本卓也(著)『享楽社会論——現代ラカン派の展開』人文書院、2018年


松本卓也・山本圭(編)『〈つながり〉の現代思想』明石書店、2018年


ニコラ・タジャン(著)『Génération Hikikomori』L’Harmattan、2017年


松本卓也(著)『人はみな妄想する——ジャック・ラカンと鑑別診断の思想』青土社、2015年


佐藤泰子(編)『患者の力——がんに向き合う、生に向き合う——』晃洋書房、2012年


佐藤泰子(著)『苦しみと緩和の臨床人間学——聴くこと、語ることの本当の意味——』晃洋書房、2011年

主な論文

(工事中)

主な口頭発表

(工事中)